あいるの小部屋へようこそ

感じたことを表現して明日の活力になりますように。

人生は何が起こるか?分かりません。だから楽しむのさ。人生は選択の連続だから。そして幸せはチャンスではなく選択の結果であると。

初老の語らい。

詳しい年齢は分からないが60代
初老というのかどうかは、さておき


ある芸術家の個展に誘われて行きました。


今日は、仕事休みだし、ビールでも飲んでゆっくり
したいんだけど、誘われたから行くか。


そんな感じで個展会場へ行きました。
そして、入るなり、知人の芸術家の師匠が


とにかく、飲みなよと、青ヶ島の焼酎を注いでくれた。
青ヶ島か、マイトレンドなんだよね。


そこから、とにかく、個展であるはずの会場は
飲み会の会場になってまして、そこには、カップルで来場


という方や、2日前に籍を入れた新婚さんやらが居て
その初老の師匠がいろいろ話しているの聞いて、和んだ。


その初老は芸術家でもあるのだが、人生の師匠でもある。
昔、この国にも居たんだけどね、お節介おばさん。


その初老の師匠は男性でしたが、そのお節介さがいい。
芸術的なセンスと生きるセンスを感じた時間でした。


行くまでのは、乗り気でなかった自分が居たが
そんなきっかけで人生に深く濃い味わいができるのだ。


人生とは、そんなもんだ。どこでどうなるかなんで
わからないのさ。



N.L.P.コミュニケーション心理学&ゲシュタルト

これ学んでたら、体験していたら
絶対に人生変わるよ。


その時は、そんなこと分からない。


20年も前に参加したセミナーでの体験が
今、まさにそれである。


あの時、あの瞬間に、感じたことがある。
誤魔化して生きて良いのか。


自分を感じなくて良いのか。
感じていることをそのまま感じる


トレーニングが必要である。


今日の勉強会での気づきは
今までの20年間のおさらいである。


生きててよかった。
体験しててよかった。


絵に書いた餅ではない。
自分の感覚である。



だから、安易なセミナーではない。
そんなセミナーしたいな。



N.L.P.コミュニケーション心理学&ゲシュタルト

N.L.Pというコミュケーション心理学を体験して
ゲシュタルトも交流分析も体験して


体験がすべてであると今でも思う。


だから今はN.L.P.+という活動をしています。
こんなに素晴らしいコミュニケーションスキルが


なかなか浸透しない。
わたしが習得した米国N.L.P.協会のリチャード・バンドラー博士は


「あなたのまわりに良い結果を創り出すように関わりなさい。」


そんなメッセージを伝えている。


そんな大金はたいて参加して、時間もお金もかけた。
それは、自分が良くなるためである。


参加した当時は、これで金持ちになり自由自在だ。
そんな気持ちで参加していた。


そして、
体験したセミナーでのいろいろな出来事


みんな自由に望んでいいよ。
お金や欲に目がくらむ。


金銭欲や性欲など
いろいろ感じて、その結果は


人間だものいろいろあるさ。


人は産まれた、生きて、そして死にゆく。
それは変わらない。


それに気づいたとき、生きるとは
今ここを感じること。


過去でもなく未来でもなく
今を感じること。


それに気づくと見える世界があるのだ。


時間とお金をかけてだけの価値ある
その世界があるのだ。


N.L.P.というコミュニケーション心理学を学んで、
体験して、より多くの方に伝えたくて活動しています。


N.L.P+という活動にこの国の未来を感じて
活動中です。